SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

K1_06377.jpg

私は、このレンズをPENTAX K-1で使っている。

だがSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM(以下シグマ70-200mmF2.8に略)のPENTAXマウントは現在生産されていない。

私はレンズはPENTAXがK-1を発表するより前からK-5やK-3で使っていたので良かったのだが、これから入手するなら中古市場を探すことになるだろう。

ちなみに今では純正で同じレンジの HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AWが発売中だがシグマ70-200mmF2.8の方はレンズ内手ぶれ補正が搭載されている。

私の個人的感想ではPENTAXのボディ内手ぶれ補正は望遠側の補正が上手くない。

シグマ70-200mmF2.8なら手ぶれ補正を動作させるとファインダー像がピタリと止まるのが良い。

このレンズの解像度も純正に負けない。

焦点距離200mmの時に1段絞ってF4にすれば中央部が解像度最高、F11まで絞れば全域で解像度が安定する。

価格もPENTAXマウント(生産終了)だけでなくキヤノンやニコン用も純正の半分ほど。

私は風景にも花にもテレコンを付けて野鳥撮影にも使っている。


以下紹介写真

K1_06376.jpg


焦点距離を変えてもレンズの全長は変化しない(インターナルズーム=インナーズーム)
K1_06382.jpg

K1_06384.jpg


[私の凝り]

レンズフードと三脚座に凝る


レンズフードに指を入れられるくらいの穴を開け普段はマジックテープで塞いでいる。

K1_06386.jpg

K1_06387.jpg

K1_06388.jpg

C-PLフィルターを調整するとき指をフード内に入れて回して変更の加減をしやすくしている。

K1_06390.jpg

風景撮影や花の撮影の時に水面や葉っぱの反射を加減したいときに重宝している。


もう一つの凝りはレンズ三脚座にアルカスイス互換プレートを付けている事。

a href="http://photofes-c.up.seesaa.net/image/K1_06391.jpg" target="_blank">K1_06391.jpg

K1_06379.jpg

三脚の雲台にもアルカスイス互換プレートを付けているので取り外しや取り付けがスピーディに行える。

追申

今は生産終了しているがシグマ純正で三脚座TS-41があった。

この三脚座が入手できればレンズを持ち易くなると共に後付のプレート無しにアルカスイスのクランプに取り付けられるらしい。

機会があれば入手したいアイテムだ。

注記:アルカスイス互換のプレートやクランプは米国KIRK、イタリア マンフロット、中国サンウェイフォトなど多くのメーカーで販売しているが相性問題がある。
購入の前に調べておいた方がいいだろう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック